ガラスのクリスマス~展示作品紹介【季譜の里】:森 美樹

 

 ガラスのクリスマスも終に本日が最終日です。

 

 前日に引き続き、各施設の展示作品状況の模様を掲載して参ります。

 

 本日は前回に引き続き、【季譜の里】の展示作品模様をご紹介します。

 

 季譜の里には 迫田 岳臣  森 美樹  富松 望 の3名の作品を展示してあります。

 

 今回は 森 美樹 の作品のご紹介です。

 

 

 

 

 季譜の里のエントランスに展示した作品です。

 

 日のあるうちは、向かって右からの自然光を浴び、日が落ちると左の灯に照らされ、

 

 また違う表情を見せてくれます。

 

 

 

 畳敷きのロビーに足を踏み入れ、右手に目をやると視界に飛び込んでくるのがこの作品。

 

 ガラス作家 森 美樹 の渾身のガラスアートです。

 

 後方の窓から差してくる光によって変わる色彩のグラデーション。

 

 大きいが故の迫力、非常に見ごたえのある作品です。

 

 

 ロビーから大浴場に途中、中庭の見える窓の傍らに置かれたのがこの作品。

 

 色彩のトーンは落としながらも、ひた感じるその存在感。

 

 明るめの周りの色に引き立てられて、魅力的です。

 

 

 

 大浴場を出、ロビーに帰ろうとすると、この作品が迎えてくれます。

 

 白と鮮やかな緑、そして深いグレーのコントラストが美しい作品。

 

 青畳と黒縁の大の上、褐色の壁を背景に、その色を主張しています。

 

 

 

 2階の日の差込みがやや強い場所に置かれたその作品は、

 

 白い部分をほんのり明るく透かせ、黒~緑を印象付けてくれます。

 

 

 

 今回展示されたものの中でも異色の透明感を持つ作品。

 

 3階の、うっすら暗いスペースの光差す障子。

 

 その前に置かれたこの作品は他のどの作品よりもその「光」を演出していた。

 

 

 

 こちらは売店に並べられた作品の数々。

 

 上部二段に並べられた備前焼横のオブジェ、

 

 下2段の白~透明の小皿達はこの季節にぴったりで、

 

 クリスマスに降り落ちる雪を連想させてくれました。

 

 

 

 展示会場:湯郷温泉 季譜の里

 住 所 :岡山県美作市湯郷180

 お問合せ:0868-72-1523

 ホームページ:http://www.kifunosato.com/

 

 

 小林正秀